酵素ドリンクってモタッとした感じ

012-0-77-237

012-0-77-237
酵素ドリンクって、モタッとした感じで苦手という人も多かったのではないでしょうか。
最近は酵素や材料のブレンドを変えて、いろいろな味が出ているのをご存知でしたか。優光泉(ゆうこうせん)は無添加で天然成分由来のさっぱりとした甘さですが、なかでも新発売の梅味は好評です。水割りでもおいしいですが、爽やかな炭酸割りもおすすめです。

60種類も使用して出来た発酵ドリンク


違うところでは、黒糖のような味のベジライフ酵素液もおすすめです。薄味なので、薄めずに飲むのがおすすめですが、置換ダイエットで豆乳に入れるのも合います。野菜多めの配合なのに、青っぽい感じがしないので、野草・野菜系の「あの味」がダメという人でも、楽に飲めるでしょう。
梅や黒糖といった和テイストから離れるなら、フルーティなベルタ酵素も飲みやすいです。黄桃やアプリコットのような味なので、ヨーグルトにかけたときのデザート感が、ダイエット中には嬉しいです。酵素ドリンクで人気なのがマジョールのファスファスです。
水、砂糖不使用というのが特徴です。野菜と果物をなんと60種類も使用して出来た発酵ドリンクです。
アロエベラ、根菜類などの栄養分が多く含まれており、すーっと腸を爽快にし、健康・美容維持が難しくなくなります。
健康意識が強く理想の体作りのダイエットをしたい方やつるつるすべすべの理想の肌を手に入れたい方にいいでしょう。また、腸内環境の改善やホルモンバランスを整え、女子力アップもできるでしょう。

酵素ダイエットにチャレンジする


いろんなダイエット法に共通していることですが、酵素ダイエットにチャレンジする場合も食事と食事の間に何を食べるかということが重要です。
腹が減って何かおやつを食べたくて仕方がなくなったら、食べないのではなく量を抑えるようにすれば途中で放り投げないですみます。例えばヨーグルト、バナナ、ナッツのような、カロリー控えめで食品添加物が使われていないものを選ぶのがいい間食です。
管理栄養士が開発した酵素サプリメント・スルスルこうそは、ダイエットの大敵である炭水化物などをあっさりと分解してしまう素敵な効果を発揮してくれます。
野草発酵エキスのおかげで日頃野菜の足りない生活をぜひとも勧めたい酵素サプリに他ならないのです。
従来の色々なダイエット法でも言われているように、酵素ダイエットでも結果が出にくい時期があります。プチ断食で短期間のダイエットを考えているのであれば停滞期に悩まされることはないでしょう。

停滞期がくることは間違いありません


ただし、一食だけ酵素ジュースにする方法をじっくり行うときには、停滞期がくることは間違いありません。体は、コンディションを保とうとする機能を持っているので、結果が出にくい時期がくるのは逆に体が正常に働いているということです。
生酵素と、普通の酵素ドリンクや酵素サプリにはいっている酵素とで異なっている点は、それが加熱処理済みであるかどうか、というところです。
使用者の健康を損なうことなく、安全に服用してもらうために、市販されている酵素ドリンクや酵素サプリといったものは、その加工段階で加熱処理済みであり、その際、酵素まで一緒に活性を失ってしまうと提唱する人もいます。他方、もし加熱によって破壊された場合でも、再び結びつくので大丈夫ということですが、そうはいっても「やっぱり酵素は壊れているんじゃないの?」と思われる方は、確実に酵素を摂れるよう、生の酵素をおススメします。

チアシードを入れて飲むというのもお試しください


酵素ドリンクはそれだけで飲んでいる人も多いと思いますが、チアシードを入れて飲むというのもお試しください。チアシードに含まれる成分には豊富な食物繊維が含まれていることから、腸内環境の改善が期待でき、ダイエット目的で飲むのに適しています。また、10倍に膨張するという性質から、空腹時に飲むと、それだけで満足感があります。チアシードを入れた酵素ドリンクで、体の中からすっきりキレイを実感してください。
酵素ダイエットを行なう人は多く、やり方もいろいろあるのですが、中でも「続けやすい」と評判の方法が朝食を酵素ジュースに置き換える「朝食置き換え」ダイエットです。

最短で効果がしっかりあらわれる


ダイエット効果に関して言えば、最短で効果がしっかりあらわれるのは置き換えを夕食にするやり方なのですが、これがなかなか厳しくて、空腹のあまり眠れないという声がよく聞かれます。
それに、よく知られてられているように、ダイエットには時間かけた方がリバウンドは起こしにくいので、どちらかと言えば、朝食を置き換えた方がダイエットとしては優れたやり方かもしれません。空腹感対策として、酵素ジュースに加えて豆乳、あるいは野菜ジュースなども飲んでみる方法も試してみるとよいでしょう。


コメントは受け付けていません。